3分間の美学

特撮モノを主に、趣味の映画や音楽なんかをのんびり書いてます。

S.H.Figuarts バルタン星人 分身体セット レビュー

こんにちは、otomusic(@ak_otomusic)です。

 

またもや前回の更新から随分と月日が流れてしまいました。気づけば続々とウルトラシリーズのフィギュアーツがリリースされ、ウルトラマンオーブの劇場版公開や新作「ウルトラマンジード」に関しても公式発表がありました。

 

更新のタイミングを完全に逃してしまっていましたが、久々に、気紛れに、書いていこうと思います。お時間のある方はお付き合いください。

 

さて、今回はプレミアムバンダイ魂ウェブ商店限定で発売されました、こちらをご紹介します。

 

S.H.Figuarts バルタン星人 分身体セット

f:id:ak_otomusic:20170511075312j:plain

f:id:ak_otomusic:20170511075311j:plain

▲「S.H.Figuarts バルタン星人 分身体セット」(完全受注生産/現在販売終了)

 

f:id:ak_otomusic:20170511075313j:plain

内容物はこちらの3体のみ。

 

名称は、右から

●バルタン星人 分身体

●バルタン星人 分身体(残像A)

●バルタン星人 分身体(残像B)

です。

 

基本的には、昨年一般発売された「S.H.Figuarts バルタン星人」のリデコ商品で、造形や可動域などは全く同じですが、特別な彩色やクリア成型にすることによって、分身の際の絶妙な色味を表現しています。

 

まず今回の分身体セットをご紹介するにあたり、昨年発売された“本来のバルタン星人”からご確認ください。

 

▼バルタン星人

f:id:ak_otomusic:20170511075323j:plain

f:id:ak_otomusic:20170511075324j:plain

f:id:ak_otomusic:20170511075325j:plain

改めて見直しても造形、彩色ともに美しく素晴らしいですね…。

可動に関しては、特徴のハサミが開くのと、下半身は比較的自由に動きます。大きなマスクを被った造形なので、顔はほぼ固定です。バルタン星人はよく頷く仕草をするイメージがあるのですが、残念ながら再現は厳しそうです。(当ブログ過去の記事より)

 

では、今回の分身体セットを一体ずつご紹介します。

 

▼バルタン星人 分身体

f:id:ak_otomusic:20170511075314j:plain

f:id:ak_otomusic:20170511075315j:plain

f:id:ak_otomusic:20170511075316j:plain

まず“本来のバルタン星人”に一番近い分身体。ブルーのクリア成型の上から、全体的に少し青みがかった彩色が施されています。ハサミや足の脛下部など未彩色部分や、透けるほど薄く彩色されたクリア部分によって、分身途中の色味がうまく再現されています。分身始めや分身完了すぐ手前といった印象でしょうか。美しいですね…(2回目)。

 

▼バルタン星人 分身体(残像A)

f:id:ak_otomusic:20170511075317j:plain

f:id:ak_otomusic:20170511075318j:plain

f:id:ak_otomusic:20170511075319j:plain

こちらの分身体は全体的に濃いブルーのクリアプラスチックで成型されており、一部にメタリック塗装が施されています。この塗装には開発担当者のこだわりがあるようで、後ほどご紹介します。

 

▼バルタン星人 分身体(残像B)

f:id:ak_otomusic:20170511075320j:plain

f:id:ak_otomusic:20170511075321j:plain

f:id:ak_otomusic:20170511075322j:plain

こちらの分身体は「残像A」に比べて全体的に薄いブルーのクリアプラスチックで成型されており、こちらも一部にメタリック塗装が施されています。

 

では、開発担当者のこだわりであるメタリック塗装に関して、こちらをご覧ください。

f:id:ak_otomusic:20170511075310j:plain

なかなか写真だと分かりづらいかもしれませんが…。

ハサミ付け根の関節部分、成型色のクリアでないプラスチックが使われています。これはどの個体も同じですが、各個体に合わせた成型色のプラスチックパーツが使用されています。ただこの関節パーツ、本体が透明なクリア成型で中身が透けてしまうため、本来隠れるパーツ部分まで丸見えになってしまうわけです。そこで施されたのが、メタリック塗装。クリア成型色に合わせた色の塗装をすることによって、全く気にならないどころか、言われても分からないまでに隠されています。このメタリック塗装は腕や胸など一部に施されており、パーツや内部構造を隠す役割だけでなく、同時に分身の際の独特な残像感までをも表現しています。よく工夫されていると思いますが、開発担当者の苦労が容易に想像できますね…。

 

宇宙忍者・バルタン星人

“宇宙忍者”とはまたうまい表現をするもんだなぁ、とフィギュアを弄りながら改めて感心していました。ここからはウルトラマンさんの力もお借りして、分身体のみなさんに好きなポーズをとっていただこうかと思います。

 

f:id:ak_otomusic:20170511075305j:plain

「おとりだな?2人目が本物だ!」

得意気なイデ隊員を混乱させた、“バルタン星人といえば”とも言える有名な分身シーン。分身体セットを購入してこれを再現しないわけにはいきませんよね。

 

f:id:ak_otomusic:20170511075306j:plain

f:id:ak_otomusic:20170511075307j:plain

 

f:id:ak_otomusic:20170511075259j:plain

核ミサイル・ハゲタカを撃ち込まれ倒れたあと、脱皮するかのごとく起き上がるシーン。実際は透けた身体と重なり合っているので完全再現にはなりませんが、本編のようにビルを並べるだけでかなり雰囲気は出ている気がします。

 

f:id:ak_otomusic:20170511075300j:plain

f:id:ak_otomusic:20170514052654j:plain

f:id:ak_otomusic:20170511075304j:plain

f:id:ak_otomusic:20170514052655j:plain

f:id:ak_otomusic:20170514052656j:plain

f:id:ak_otomusic:20170511075308j:plain

f:id:ak_otomusic:20170514052653j:plain

ウルトラマンの宿敵としても有名なバルタン星人ですが、近年ではウルトラマンが1人で何人ものバルタン星人を相手に戦っているイメージもありますね(ウルトラマンX劇場版のイメージですかね…)。ウルトラマンさんも大変です。

 

f:id:ak_otomusic:20170511075309j:plain

宇宙忍者戦隊バルタンセイジャー!

最後は戦隊風に。

 

簡単にですが、ご紹介しました「S.H.Figuarts バルタン星人 分身体セット」。お値段は17,820円(税込)となかなかの高額商品です。一般販売されている「S.H.Figuarts バルタン星人」が定価5,940円(税込)、単純にちょうどその3倍のお値段ですので理解は出来るのですが、うーん…それでもまとめてセットになるとやはり高額な印象は拭えません。正直あまり値段を考えず予約してしまっていたんですが、改めて今ブログを書きながら複雑な気分になっています…(苦笑)。文字通りの“コレクターズ・アイテム”ですね。

さてさて、このS.H.Figuarts ウルトラシリーズ、今月末には早くも同じくプレミアムバンダイからメフィラス星人の到着が控えています。また、最近発売が発表された「S.H.Figuarts ウルトラマン(Aタイプ)」、厳密に言うと(初代)バルタン星人と戦ったのはAタイプのウルトラマンですから、劇中を完全再現したい方には必須でしょうね。まぁそこまで完全再現にこだわるマニアがどれだけいるかは分かりませんが…。

そしてすっ飛ばしてしまったゾフィー兄さん、ゼットン、最近発売されたウルトラセブンメトロン星人…こういった商品紹介は時期を逃すとあまり意味がなくなってしまうような気もしますが、出来るだけ(ほぼ自己満足ですが)ブログに書いていきたいと考えています。あくまでも、“今のところ”ですが(汗)、とりあえず、今後ともよろしくお願いします。

 

「奇怪なやつらだ。いったい何者だろう。ホシノ君、手強い相手だ。いったん退却したほうがよさそうだ。」

ウルトラマン 第2話「侵略者を撃て」)